エフェス← 

 →バスの車窓から

パムッカレ[世界遺産]-PAMUKKALE

<TURKEY-1997.01.01>

←川から湯気?が立ち上る。温泉か?
エフェス(セルチュク)から約150km。道路は真直ぐで整備されているものの,路面は平滑とは言い難い。対面通行全2車線,遮るものが無く,日本の風景との共通点を探すほうが難しい。

遠くから通り過ぎゆく対向車を眺めると,車1台1台に物語を見ることができる。

とにかく車種が多い。新旧,生産地,形。車オタクでなくとも楽しめる。

主要道路からおれて,観光地へ向かうといきなり砂利道になった。日本だって,ほんの30年前にはこんなところがいっぱいあった。
パムッカレに行く途中の村の牛、道路を歩く。
山を登っていくとバスはヒエラポリス遺跡の中を走る。ネクロポリスの脇を通るころには日が沈んでしまった。ローマ式浴場の前でバスを降り,石灰棚で,裸足になった。

パムッカレ
PAMUKKALE
(綿の城)
石灰棚

温泉なので温かい。
お湯は流れていたが,時は冬,熱い感じではなかった。
せめて夕日を浴びる姿を写したかった。あと20分早ければ。
たそがれの空の明りを映す石灰棚。 白い石灰と水面に映る空の色のコントラストが面白い。

土産物屋

朝日をあびるパムッカレ