この旅行について

-1987-

1987:the Back package tour of 3 men

●男3人バックックの旅
 一人旅は気楽で自由。でも言葉とか、手配とか時間とか、管理しなければならない事柄が多い。旅に出てみればいつもと同じ自分対外の世界。ことばが分からなければ楽しさもそこそこ。
 パックツアーはまかせっきりで楽ちんだけど外との接触が少なくなる。バスの中は日本国籍。窓の外はハイビジョンの旅行番組。
 そこで仲間で行くバックパックの旅がお勧め。仕事の分担ができれば、気楽で緊張感のある適度な楽ちんの旅がある。ただし、喧嘩も別れる程にはしないこと。
 旅行に必要なのは好奇心と観察力。
 このサイトは某大学建築科卒業の3人が西ヨーロッパを旅した時の記録。

1987.10.26〜11/25


男3人バックパックの旅
 ツアー概略

ヨーロッパ'87のツアー概略

  主 催:航空券のオープンチケットを扱っている,リクルートヤングツアー
  期 日:1987年10月26日から11月25日
   ・飛行機はヨーロッパ系☆航空会社。
   ・旅行直前にJALに決定。
   ・行きは,日本国営の日本航空,帰りは民間企業の日本航空となった。
  形 式:31日間限定ヨーロッパ往復航空券+1都市フリーフライト付き
      +21日間ユーレイルパス(1等)
      バックパック,ホテルフリー
  参加者:大学の元同級生3名(学生2(大学院)+社会人1)
  打合せは,事前に2度。ツアー行程会議と,役割分担。


ツアー行程会議

 通常パックツアーは、ホテルは決まっているし、荷物をどうやって運ぶかという問題は考えなくてよい。体の移動だって考えることはない。あとはお土産と飲み物代の心配だけ。お土産を考えなければ、旅行代金以外に数万で無事に帰ってこれる。
 自由旅行では、添乗員さんによって行われるいろいろなことをすべて自分でやることになる。当時はホテルの情報がないので予約が出来ないため、現地に着いたらまずホテルを「探す」という作業と「チェックイン・アウト」が自分で行う作業になる。こちらの条件を言って部屋を見て、気に入らなければ変えてもらうといった交渉も自分の作業になる。さらにユーレイルパスを持っていると言っても「夜行の予約や指定席切符」、都市によって違う地下鉄や船などのチケット購入、飛行機のリコンファームそして食事をどうするか、一日の予算など、やることはいろいろある。
 観光時の手荷物の運搬の問題も常に頭に置いておかなくてはならない。そこで手荷物預かり所やコインロッカーの場所には気をつけてチェックすることが必要。宿泊をする目的地に着いたらまずホテルを探し、身軽になって観光するのがいい。体調を考えて体力任せに荷物をもったまま移動することは避けたほうが良い。このツアーの場合私は一眼レフカメラにレンズを3本と8mmビデオを持っていたため相当な重さになっていた。
 現在のように、行く前にインターネットで交通機関の時刻表を確認したりホテルを予約できるようなそんな時代ではなかった。どこで誰に聞けば、ぼられずに安全なホテルを紹介してもらえるか。そういうことを一つ一つ探っていくというのが行程会議。友達や先輩の旅行談など聞いてきた情報とガイドブックが参考資料となる。

 まず、パックツアーの行程を手本にし、かかる時間を150〜300%にのばして考えていく。行きたい都市×2日位以上で計画をたてるといい。31日で15都市。トーマスクック(ヨーロッパは赤い表紙のB5くらいの本で日本語版が出ている現在は2000円前後)の時刻表で列車の時刻を確認。移動のスケジュールを決めていった。そして、日本で手に入る数少ないガイドブックの地図で、立ち寄る都市のインフォメーションカウンターの場所を確認。基本的には観光日と移動日を分けて、荷物を持って移動、目的地に到着後ホテルを探しチェックインして荷物を置き、観光に出るというパターンを崩さないようにプランを作っていった。でも、フィレンツェのようにシエナやピサに日帰りでアクセスできる都市に宿をとって荷物を置き、出かけた方がいい場合もある。どちらにしても、旅の目的によるのでこれがベストとはいわないが。

 それに、予定は狂うもの。スペインは高速列車が整備されてイタリアのようにアバウトではなくなり、比較的予定にそった行動ができるようになったようだ。ヨーロッパは国際列車も多いので、到着時刻が狂うことを念頭にサブの計画もあった方が安心。特に到着が夕刻から夜になるときは焦らずに今居るその都市でホテルを探し、移動を翌日にしたほうが安全。


c)2003-5 N. Kimura
Sony Styleロゴ_88_31 このサイトはSony Handycam CCD-V30?で撮影しています 。
生保バナー4 旅の保険はこちらから