04-Ville D'avray

Paris

<France-2002.08.16>

サンラザール駅
窓にミッキーマウスの風船が引っ掛かっていた。

郊外の町
Ville D'avrayに向かう
お昼。「駅弁」は売っていないので、チーズとはムとレタスを挟んだパンを暖めてもらった。この夏も「ぺシェ」にお世話になる。 以前ベネチアに行ったときにおいしかったことを覚えていた。黄桃のピーチ果汁の入った紅茶がはやっていたのだ。ヨーロッパの夏にはこれが合う。
電車はサンラザール駅を出て郊外へ向かった。 上野駅を出た東北線のように、何本もある線路を横目にゆっくりと進んでいった。
いろいろな電車列車とすれ違うが、建物は相変わらずパリの色と形をしている。
しばらく走ると線路の本数が少なくなっていった。 建物がまばらになり、低くなって、サイズも小さくなってきたとき、あるものが目にはいった。
路線と駅名のみを頼りに乗ったので、線路の方向を確かめる地図もなく、わからなかったのだが、どうも西に向かっているらしい。
大きく西に回って、デファンスに着いた。ということはデファンスから乗れるということ。
住宅が増え、郊外の雰囲気 高台に登ったのかパリが見渡せる。
遠くにエッフェル塔が見えてきた。 モンパルナスタワーも見えた。

フランスの国旗がたなびき、

気球が空に浮かび、

郊外電車はVille D'avrayに到着した。

パリ郊外の町をごらんください。

サンラザール駅に到着

2002.08.16

04-Ville D'avray

Paris